映画

マーティン・スコセッシ『ヒューゴの不思議な発明』を観た!

hugo_w_2

あらすじ:父親を事故で亡くしたヒューゴ・カブレ(エイサ・バターフィールド)は、パリ・モンパルナス駅の時計台に隠れてたったひとりで暮らしていた。ある日、父親の遺した機械人形を修理するため部品を盗ろうと駅のおもちゃ屋へ行くが、店の主人パパ・ジョルジュ(ベン・キングズレー)に捕まり、父のノートを取り上げられてしまう。パパ・ジョルジュの養女・イザベラ(クロエ・グレース・モレッツ)の協力を得て、ヒューゴはノートを返してもらう代わりに店で働き始めるのだが、父親の機械人形とノートが実はパパ・ジョルジュが封印した過去に関わるものだったことを発見する。

先日行われたアカデミー賞で視覚効果など5部門を受賞した本作。映画の日だったこともあり、公開初日の3月1日に観てきました。映画愛溢れる作品だということくらいしか知らずに行ったのですが、3Dを生かした素晴らしいオープニングであっという間に引き込まれ、映画の始まりに関する映画だったのか!と驚きつつ、最後はもうなんだかわからないけどボロボロ涙が溢れて止まらないような有様でした。 続きを読む

スティーブン・ダルドリー『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た!

extremelyloudandincrediblyclose

あらすじ:9.11の同時多発テロで父親(トム・ハンクス)を亡くした9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、1年が過ぎても未だにそのことを受け入れられず、夫の死を乗り越えようとする母親(サンドラ・ブロック)とも関係がうまく行かなくなってしまっていた。ある日、オスカーは父のクローゼットで1本の鍵を発見し、彼が遺してくれたものを見つけるためニューヨークの町へと飛び出していく。

先日観てきた本作。個人的にはなかなか気に入ったものの、批評的な評価は非常に低く、この落差がどこにあるのかずっと気になっていました。数日前に映画好きの友人が本作を観てくれたのですが、懸念していた通り「残念な映画」と感じたようで、それからずっとTwitterでこの映画について語り合っていました。 続きを読む

アンドリュー・ニコル『タイム』を観た!

in_time

あらすじ:遺伝子操作によって、人類は老化を克服し永遠に25歳で生きられるようになった。しかし、25歳を迎えた人々に与えられるのは1年間の寿命だけで、腕に埋め込まれた時計に表示される残り時間がゼロになればその場で死んでしまう。時間が通貨替わりに使われるようになった結果、ごく一部が永遠に近い寿命を持つ一方で、ほとんどの人々は働いて得たわずかな時間をやりくりしながら、その数字がゼロにならないよう日々怯えながら暮らしていた。母(オリヴィア・ワイルド)とふたりで貧しい生活を送るサム・ウォレス(ジャスティン・ティンバーレイク)は、ある日偶然バーで出会った男から100年ものの時間を譲り渡される。その時間を使ってサムはスラム街を出て富裕層の暮らすエリアへ入り込むが、タイムキーパーのレイモンド・レオン(キリアン・マーフィ)に追われ、大富豪の娘シルヴィア・ワイス(アマンダ・セイフライド)と逃げることとなってしまう。

本作は『ガタカ』(監督・脚本)、『ターミナル』、『トゥルーマン・ショー』(脚本/ストーリー)などで知られるアンドリュー・ニコル監督の最新作。『ソーシャル・ネットワーク』で「ザを落とせ」のショーン・パーカーを演じたジャスティン・ティンバーレイクと、いつものブロンドのロングヘアを赤っぽく染めボブにしたアマンダ・セイフライドが主演。脚本も監督自身が手がけていて、時間が通貨としてやりとりされるようになった世界を舞台にしたSFアクションだ。

続きを読む