【2/12】日本仏教夜話パート2 仏教書ナイトに出演します

bukkyouyawa_2012

今週末、阿佐ヶ谷ロフトでイベントに出演いたします。2010年の秋に新宿のロフトプラスワンで開催して大好評をいただいたイベントの第二弾です。今回はテーマを仏教書に絞り、より濃密なトークをお送りする予定です。

今回は仏教書の編集・著述・翻訳を手がけてられるライターや編集者の方をお招きして、最近の仏教書をめぐる動向やお坊さんよりも仏教書を読んでいるであろう方々のベスト仏教書などについてお話を伺います。

ぜひお越しください!

『仏教書ナイト 日本仏教夜話パート2』

大好評につき第二弾の開催決定!!

“ブーム”と呼ばれて久しい仏教書をめぐって編集者や作家、僧侶が語り合う!!

売れてる仏教書の特徴、仏教書ベストセラーの変遷、これから求められる&本当に読みたい仏教書とは? そもそも「本を通じて仏教を知る」とはどういうことなのか? 世間の仏教書とリアルな「仏教」との間には溝がないのか?

現代の読者に求められる仏教とは、心のよりどころ? ライフハック? 大人の教養? それともただのネタなのか?

編集・制作をめぐる裏話や業界事情を交えながら、仏教書の魅力を引き出す貴重な一夜!!

【出演】
・金寿煥(新潮社編集者)『考える人』仏教特集、みうらじゅん『マイ仏教』など
・佐藤哲朗(日本テーラワーダ仏教協会事務局長)『大アジア思想活劇』、スマナサーラ長老の諸著作など
・星飛雄馬(著述家・翻訳家、『初期仏教キーワード』、ティック・ナット・ハン、アーチャン・チャーの訳書など
・松下弓月(真言宗僧侶・仏教ウェブマガジン彼岸寺編集長)『お坊さんはなぜ夜お寺を抜け出すのか?』など
・棟高光生(春秋社編集者)『シリーズ大乗仏教』、馬場紀寿『上座部仏教の思想形成』など
・大角修(著述家・編集者、地人館代表)『図説 法華経大全』『日本ひらがな仏教史』『イーハトーブ悪人列伝』など

ほか!?

日時:2012年2月12日(日)19:30〜(開場:18:30)
料金:前売¥1,200/当日¥1,500(共に飲食代別)
※ローソンチケット(Lコード:38536)またはロフトA web予約ページにて。

松下 弓月

About The Author

松下弓月(まつしたゆづき)。たい焼きと映画とコーヒーと。最近は餃子が盛り上がっています。

No Comments

Leave A Reply

You must be logged in to post a comment.