「東京の街が奏でる」と「我ら、時」

warera_toki

先日発表になった小沢健二コンサート「東京の街が奏でる」のチケット申し込みの抽選結果、みなさんどうだったでしょうか? わたしはあいにく全滅だったのですが、素晴らしいオザケン仲間の助けを得てどうにかちゃんと観に行けることになりました。バンザイ!

どうもわたしの感触的には当選確率5割弱という感じで、外れに外れたひふみよの時よりはほんの少し当たりやすくなっていた気がします。申込みが一回切りだったので、外れたときのショックが大きいですが。

でも、まだ当選したのに支払いのチケットがあったときには、二次抽選があるという話です。2月6日(月)13時に二次抽選が行われるかどうか発表されますので、注意してみてください。チケット当選した方は、明日2月3日23:59までに支払いを済ませないと当選が無効になってしまようなので、こちらもよくよくお気をつけください。

そして、先日の「良いお知らせ」がなんだったのかも発表されています。残念ながら期待していたニューアルバムのリリースではなかったのですが、3月16日からパルコミュージアムで「我ら、時」と題する展覧会が開催されることになったようです。

パートナーであるエリザベル・コールと一緒にやるイベントということで、オザケン好きの方は「おばさんたちが案内する未来の世界」を思い起こされるのではないでしょうか。2007年頃にふたりがひっそりと日本を回ってやっていた、音楽と映像のイベントです。当時はまったく小沢健二がどうしているのかという情報がなく、わたしもこのイベントに気づいたのはすべて終わったあとでした。

ひふみよ.netにはこのように書かれています。

「秘密のトンネルのような暗がりで、写真を見て、音を聴いていただく展覧会です。「東京の街が奏でる」と「ひふみよ」のふたつのコンサート、そして、もっともっと長い時につながっています。
(中略)
きっと何か新しい感触、あるいは大きな樹のように古い感触を持って、トンネルから出てきていただける気がしています。」

うーん、なにかワクワクするものを感じます。ふたりが過ごしてきた時間の、様々なシーンを感じられるような展覧会になるんじゃないでしょうか。久しぶりに再開した友人から、時間も距離も遠いはるか彼方の出来事を、ゆったりと聞く。そんな展覧会になったらいいなぁと思います(あんまり混雑しないといいなぁ)。

彼らからのお話と同じく、長い時へつながる品々を置いたポップ・アップ・ショップというのもあるそうなので、いったいどんなものに触れられるかこちらも楽しみです。

ああ、こうやって折々に知らせを聞けるというのは、ファンとして実にありがたく嬉しいことですね。長い長い時を、遠くからの声だけを頼りに過ごしてきた甲斐がありました。

「東京の街が奏でる」と「我ら、時」で会いましょう!

松下 弓月

About The Author

松下弓月(まつしたゆづき)。たい焼きと映画とコーヒーと。最近は餃子が盛り上がっています。

No Comments

Leave A Reply

You must be logged in to post a comment.