SIWAのiPhoneケースを買った

SONY DSC

山梨の和紙メーカー大直さんが出しているSIWA(紙和)シリーズのiPhone 5用のケースを買いました。

もともとiPhoneはケースに入れず裸で使うほうが好きです。使っているうちにディスプレイに細かい傷がついたりしますが、かさばらないしコネクタに接続する時もスムーズです。それにやっぱり何もつけないのがデザイン的にも一番美しいと思うんですよね。シンプルさが際立つし。

でも以前iPhone 4を駅のホームで何度か落として背面のガラスを割ってしまったこともあり、新しくしたばかりのiPhone 5を落とすのが怖くって。それでいくつかケースを見たのですが、やはりなるべくかさばらないようにこのケースを買いました。

SIWAシリーズは障子紙を加工して作った破れない紙「ナオロン」という素材で作られています。紙といえばたしかに紙っぽい感じもあるけれど、それよりもなんだか滑らかで不思議な手触りです。くしゃくしゃっとした風合いも表情が豊かでいいですね。

このiPhone 5用ケースは左右に少し余裕はあるもののほぼぴったりで、iPhoneを入れてもかなりスリムです。開口部に結構協力な磁石が入っていて、出し入れするときは左右からグッと押して口を押し開きます。結構滑りが良いので、出し入れもスムーズです。しまうときなんかも、iPhoneを少し入れて手を放せばiPhone自体の重みでスッと入ってくれます。

クッション素材は入っていませんが、内と外でナオロンが二重になっていているので背の高さから落としたくらいではちゃんと保護してくれそうです。

これでSIWAシリーズ自体も気に入って、充電器を入れるクッションケースなど他にもいくつか注文して使い始めました。どれもなかなか良い感じですよ。

松下 弓月

About The Author

松下弓月(まつしたゆづき)。たい焼きと映画とコーヒーと。最近は餃子が盛り上がっています。

No Comments

Leave A Reply

You must be logged in to post a comment.