スティーブン・ダルドリー『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た!

extremelyloudandincrediblyclose

あらすじ:9.11の同時多発テロで父親(トム・ハンクス)を亡くした9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、1年が過ぎても未だにそのことを受け入れられず、夫の死を乗り越えようとする母親(サンドラ・ブロック)とも関係がうまく行かなくなってしまっていた。ある日、オスカーは父のクローゼットで1本の鍵を発見し、彼が遺してくれたものを見つけるためニューヨークの町へと飛び出していく。

先日観てきた本作。個人的にはなかなか気に入ったものの、批評的な評価は非常に低く、この落差がどこにあるのかずっと気になっていました。数日前に映画好きの友人が本作を観てくれたのですが、懸念していた通り「残念な映画」と感じたようで、それからずっとTwitterでこの映画について語り合っていました。

ところが、今日は映画の日ということもあって、さらに3人も友人がこの映画を観るというので、急遽これまで色々考えたところを一回まとめてみることにしました。映画鑑賞後、映画館の売店で買った原作小説も、まだ読んでいる途中なのでまだハッキリしないところも少なくはないのですが。

わたしがこの映画で評価している点は物語全体の構造に関っているので、以下はネタバレありで書いています。気になる方は映画を観たあとにお読みいただけたらと。

ユーモアのない語りに感じた退屈さ

さて、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』で描かれているのは、世界で一番大好きだった父親を突然失った亡くした少年が、そのことを受け止めるために行った「調査探検」での経験です。「調査探検」というのは、オスカーと父親がやっていたいくつもある遊びのひとつで、「ニューヨークの第六番目の行政区を探す」などの父親が考えたお題を、オスカーが調査して報告書にまとめるというもの。人と話すのが苦手なオスカーのために、人と話さなくてはいけない機会を設け、そのために名刺を作ってあげるなど、彼のことを実に大切に思う父親の気持ちが感じられるエピソードです。

もともとアスペルガー症候群の疑いがあってテストを受けていたようですが、父親を突如失ったショックもあり、オスカーの精神状態は不安定で、自分に対しても他人に対しても距離感がうまく調整できずにいます。幼いながら知識も多く口も達者なため、時には大人も圧倒するほどの知識を披露したりすることもあるのですが、硬くて速い言葉を投げつけまくる彼の姿を見ていると、彼が自分の中で揺れ動き続けているものを捉えることができずにいることがとてもよく感じられました。

本作では、こんな状況にあるオスカーが様々な人と出会い語り合うなかで、意外な事実を発見し再生していく様が描かれています。たしかに、このオスカー君の話は、原作小説の作者ジョナサン・サフラン・フォアが「ユーモアは悲しい話を正直に語るただひとつの方法」と言っているように原作にあった笑いの要素を落としいささか悲劇に寄り過ぎた語りは深みに欠け、わたしも退屈さを感じるようなときがなかったとは言えません。

反転する物語の構造

この映画のことを好きになったのは、鍵はいったいなんだったのかが明かされてからあとの展開が素晴らしいと思ったからです。鍵は母親への贈り物としてガレージセールで買った花瓶に誤って入れられていただけで、父親からの最後の贈り物などではありませんでした。ほんとうは一番最初に尋ねた女性の元旦那が鍵の持ち主であり、彼が死んだ父親から受け取るはずのものでした。

これは、それまでどこまでも特権的に物語の中心を占めていたオスカーが、実は同時にまったく別の物語の脇役でもあったことが明かされた瞬間です。オスカーはブラックさんの「険悪な関係だった父親が残したものを受け取る息子の話」で、無くしてしまった鍵を送り届けてくれる、重要だけれどもあくまでも脇役のひとりだったに過ぎなかったのです。このあと、さらにオスカーの母親が何をしていたのかや祖母と同居人の関係などが明らかになっていき、彼の調査探検の背後には様々な物語が存在していたことがわかります。オスカーが訪ねていった人々も、それぞれの9.11以後の物語を彼に語ったのでしょう。

このように本作では、主人公のオスカーという少年の物語にあまりにも接近しすぎた語りしながらも、このような反転する物語の構造を設けることで、9.11後のニューヨークの街に存在する無数の物語の存在をも浮かび上がらせているのです。

この映画が嫌われる原因になっている甘ったるく騒々しい語りは、この反転を起こすためには欠かせませないものだと思います。ギリギリまで近づいたからこそ、そこから一気に視点を跳躍させることが可能になるんだと思います。

再生する個の確かな描写

あと、オスカー自身の再生が、調査探検において様々な人の話を聞く過程で生じたのも好きなところです。父親が最後にかけてきた電話を取ることができなかったため、オスカーはその記憶を封印しているのですが、このような無数の物語の存在に触れることで、それまで失っていた距離感を回復していき、自分の物語を自分の言葉で語ることができるようになっていきます。

自分とも、他人ともちゃんと距離感をつかめるというのは、人が自立するためには絶対に欠かせないことです。ずっと距離感をつかめなかったオスカーが、それをつかんでいく描写があり、抑えるべきところをしっかり抑えてくれた、という気持ちです。

オスカーがはじめて自分の話を聞いて物語を話し始めるのが、マックス・フォン・シドー演じる声を失った間借り人に対してだったりするところがまた面白くもあるのですが。

主人公が脇役になることで無数の物語の存在を感じさせる物語的な反転があったことと、オスカーの再生の過程がちゃんと描かれていたこと。このふたつが、この映画を好きだと感じる一番大きなところです。

まとめ:もう少し深めたいところなど

とはいえ、嘘を数えたり、「靴が重く」なったり、タンバリンを鳴らしながら歩き続けたり、原作の素晴らしさが垣間見える瞬間も多く、これまで書いてきたような素晴らしさが、映画のものなのか、それとも原作のものなのか、まだはっきりと言えないところもあります。どうもかなり重要なエピソードが省かれてしまっているとも聞きますし。なので、原作小説を読んだり、映画のレビューを読んだりしながら、もう少しこの映画について考えようと思います。

もしこの映画をご覧になられた方がいたら、コメント欄か、Twitterの@yuzuki_mまで感想などお寄せいただけたら嬉しいです。

松下 弓月

About The Author

松下弓月(まつしたゆづき)。たい焼きと映画とコーヒーと。最近は餃子が盛り上がっています。

No Comments

Leave A Reply

You must be logged in to post a comment.